半導体の電子顕微鏡観察のページへようこそ

<最近の観察例>

これは,名古屋大学の100万ボルト電子顕微鏡で撮影した

InGaAsP/InGaP超格子の断面格子像です。明るい帯状の部分

がInGaP,暗い帯状の部分がInGaAsPです。


InGaAsPやInPは下に示す結晶モデルのようなせん亜鉛鉱構造を

しています。結晶モデル上でマウスの左ボタンを押して、マウスを動か

してみて下さい。結晶が回転し、いろいろな方向から見るこ

とができます。

The source(XYZApp.java) (Matrix3D.java) Crystal data.

質問等ありましたらメール下さい
tanaka@nuee.nagoya-u.ac.jp